農業関連

小玉傾向も「品質良好」

 JA新すながわで24日、タマネギの収穫が始まった。去年より1日早い作業開始となった。 極早生品種の「SN-3」を収穫した砂川市北光の大内拓也さん(50)は、「今年は作業開始時の積雪量の多さや肥大期の雨量不足と高温など例年と比べても管理が...
共通

児童とトウモロコシ栽培 皆で楽しい思い出を

 JA新すながわ青年部は、奈井江町の奈井江小学校でポップコーン作りのためのトウモロコシ栽培を行っている。同町は農村地帯で、青年部は町内の保育園で野菜にちなんだクイズ大会や米ドンを作りなどの食育活動を行っている。 「小学生を対象に活動できな...
共通

スマート農業着々と

 16ℓの薬剤を搭載したドローン(小型無人飛行機)の機体が6個のプロペラに支えられて舞い上がるー。空知管内奈井江町大和のJA新すながわで、組合員2人がドローンを使った防除を自分たちの農地や地域の水田などで行っている。地域では情報通信技術(...
農業関連

玉葱振興会総会終了

 JA新すながわの砂川市玉葱振興会は7月16日、砂川市JA本所で第58回通常総会を開いた。 会員ら17名が参加し、2020年度事業報告及び収支決算、21年度事業計画及び収支予算などが承認された。 同振興会の藤原鉄雄会長は「昨年はコロナ禍に...
共通

メロン選果場を見学

 JA新すながわの「ないえメロン生産組合は7月9日、小学生を対象にしたメロンの選果作業見学会を砂川市のJA選果施設で行った。 この見学会は、地元特産品の北海キングメロンの出荷工程を学ぶ食育活動の一環として、旧奈井江町農協時代から続いており...
組合だより

組合だより 2021年7月号

PDFで見るダウンロード
農業関連

幼穂形成期を確認

 JA新すながわの特別栽培米生産組合とゆめぴりか生産協議会は28日、合同で生産技術現地研修会を奈井江町のJA施設で開いた。 約100人の生産者が持参した稲株を、空知農業改良普及センターの藤原昭博主査らが確認。幼穂形成期以降の栽培技術につい...
共通

ご炊こうチャレンジに大関会長が登場

 6月24日、YouTubeに「北海道米の新たなブランド形成協議会」の大関光敏会長が出演するキャンペーン動画がアップロードされた。 同協議会では「ごはんを炊こう!ご炊こうチャレンジ」キャンペーンを実施。これは、コロナ禍で米の消費が落ち込ん...
タイトルとURLをコピーしました