農業関連

青空教室開催

 JA新すながわの特別栽培米生産組合とゆめぴりか生産協議会は5月6日、合同で水稲の育苗管理に関する青空教室を奈井江町茶志内の高田裕幸さんの育苗ハウスで開いた。 ハウス内における肥培管理と水田の耕起作業のポイントなどについて再確認した。 空...
組合だより

組合だより 2021年5月号

PDFで見るダウンロード
農業関連

キュウリの定植開始

 JA新すながわで26日、キュウリの定植が始まった。 砂川市吉野地区の河合保裕(43)は、「リソール」「リスペクト」を含め、ハウス8棟に約2400本を移植する予定。 河合さんは「出荷は5月下旬頃を予定している。気温が心配なので1、2週間は...
農業関連

水稲の播種作業スタート

 JA新すながわでは4月15日、水稲の播種作業が始まった。 奈井江町高島地区でゆめぴりか、ななつぼしなど水稲24ha、小麦7.3ha、大豆4.2haなどを作付けする岩口直樹さん(39)は、4月6日に温湯消毒したゆめぴりかを播種した。この後...
農業関連

ミニトマト定植始まる

 JA新すながわでは4月19日、ミニトマトの定植が始まった。 この日定植を始めたのは、砂川市吉野地区の長瀬義孝さん(58)。2月下旬に播種した「SC6-008」を8人で移植した。昨年と同日での定植開始となり、ハウス8棟分の苗を19、20日...
農業関連

タマネギの定植スタート

 JA新すながわで4月12日、タマネギの定植作業が始まった。昨年より1日早いスタート。 作業を始めたのは砂川市北光で約10ヘクタールを作付する井上賢さん(50)。 6人で、極早生品種の「アローベア」を定植した。 井上さんは、「播種から53...
農業関連

水稲種子温湯消毒始まる

 4月6日から奈井江町のJA施設で水稲種子の温湯消毒を開始した。 約110戸の生産者が使用する「ゆめぴりか」など7品種約31トンの種子を消毒する。 作業はJA職員が最大3交代で行い、種子を5キロごとに小分けし、消毒機にセット。自動で60℃...
共通

通常総代会開催

 当組合は4月5日、第23回通常総代会を砂川市で開き、書面・代理人を含め総代約110名が出席した。 佐々木孝一組合長は、「新型コロナウイルスに翻弄された1年だった。主力作物の米は12万俵、取扱高で20億円を超えたが、ゆめぴりかの低たんぱく...
タイトルとURLをコピーしました